読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【高濃度汚染】豊洲・地下水 再調査でも基準超の有害物質

【チェック】

再調査でも、やはり汚染されていたようです

豊洲・地下水 再調査でも基準超の有害物質

 豊洲市場の地下水のモニタリング調査で、専門家会議が行った再調査でも環境基準を超えるベンゼンなどの有害物質が検出されたことが分かった。

 豊洲市場の地下水モニタリング調査では、今年1月に公表された9回目の結果で、最大で環境基準の79倍となるベンゼンなどの有害物質が複数箇所で検出されたが、8回目までの結果に比べ、急激に数値が上昇したことから、専門家会議が再調査を行っていた。

 その結果、再調査が行われた29地点のうち、複数のポイントで環境基準を超えるベンゼンとシアンが検出されたことが分かった。濃度は9回目と同じ程度の水準だということで、19日に行われる専門家会議で安全性について評価される。

 小池知事は、この評価を待って移転の判断をすることになるが、平田座長はこれまで、「地上への問題は生じない。地上と地下は分けて考えるべき」との認識を示している。

 一方、都議会では18日から3日間、百条委員会の証人喚問が行われ、20日は石原慎太郎元知事が出席する。

日テレNEWS24

http://myntv.jp/news/html/356795.mhtml