読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜の目覚め

ふと目覚めると夜だったトーマスです。

夜勤明けで昼過ぎに帰宅したのだから、夜まで寝てしまうのは仕方の無い話である。

軽く体を動かし、血の巡りを活性化させる。

うむ。頭も冴えたような気分だ。

とは言え、夜中に起き出しても出来ることには限度がある。

まぁ、やれることをやって、明日に備えるとしよう。