読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望こそ宝だ…♪

いつも有難うございます。躍動の1日ワクワクドキドキ…今日も一歩でも前へ…

※名言の紹介※

◆小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行く

ただひとつの道だと思っています。

イチロー

     

※命に活力を…※

■哲理の肉化を究めながら、自分の足場を固めつつ、今日も僕は、不幸と対決しながら、それらを転換していく、勇者になるのだ。

★クイズ を 解こう ★

★ A子さんは、有名なエステ店で痩身コースを契約しました。しかし、初日から施術があまりにも痛く、効果もあまり感じられないので解約をしたいと思っています。それでは、以下のコースのうち、8日以内であれば契約を解除できる(クーリング・オフできる)ものはどれでしょうか?

1.「激短1週間!10万円でみるみる痩せる!」コース

2.「まさかの3万円!6週間お試し」コース

3.「2ヶ月かけてじっくり落とす!10万円で理想の体型へ」コース

4. すべてクーリング・オフできる

5. すべてクーリング・オフできない

◎幸運を呼ぶ宝箱※◎

◆人間の思うことは、実現することが多いそうです。思い続けることで、脳はそれが実現するものと解釈し、その方へと導いていくのですね。なので、悪いことはなるべく考えないようにするといいようです。

逆境に置かれた時、暗くマイナス発想と明るくプラス発想をする人とに分かれますね。もちろん、後者の方が早くそこから抜け出していけます。発想や思考が無理な方は、心が伴わなくても言葉を変えることで結果はあきらかに違ってくるようですよ。

クイズの答えです?

☆ 3.「2ヶ月かけてじっくり落とす!10万円で理想の体型へ」コース

A子さんがエステ店と結んだ契約は、特定商取引法にいう「特定継続的役務」にあたれば、同法に基づいてクーリング・オフできます。人の皮膚を清潔にしたり、美化し、体型を整え、または体重を減ずるための施術を行ったりする

エステティックサロン」の場合は、期間が1月を超えるものであって、金額が5万円を超えるものであれば、「特定継続的役務」にあたります(特定商取引に関する法律41条1項1号、施行令11条)。

よって、(1)「激短1週間!10万円でみるみる痩せる!」コースは、期間が1月を超えないので、要件を満たしません。

(2)「まさかの3万円!6週間お試し」コースは、期間は1月を超えていますが、金額が5万円を超えないので、要件を満たしません。(3)「2ヶ月かけてじっくり落とす!10万円で理想の体型へ」コースは、期間と金額の要件を満たすので、「特定継続的役務」にあたり、A子さんは契約日から8日以内であればクーリング・オフすることができます。なお、8日のクーリング・オフ期間を経過した後でも、特定継続的役務にあたる契約であれば、A子さんはエステ契約を中途解除することができます。その際、エステ会社側はA子さんに対して損害賠償を請求できますが、以下のとおり額の上限が定まっています。

・契約の解除が役務提供開始前である場合:2万円

・契約の解除が役務提供開始後である場合:施術料+2万円または契約残額の10%に相当する額のうち、いずれか低い額