読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中里介山(なかざと かいざん)

 ̄ノ∀ ̄){《過去》1944年(昭和19年)4月28日は、『大菩薩峠』なる著書を世に放ったらしきジャパニーズ小説家【中里介山】(なかざと かいざん)なるお方が他界した日だそうな。

(* ̄人 ̄*){そんな「介山どん」のお言葉らしきお言葉がこちら↓↓↓

(σ ̄∀ ̄)σ★「人間が苦労しなければならないこと、苦労した人間に光のあるというのは、つまりこの慢心の灰汁(あく)がぬけているからである。 苦労なんていうものは人生にない方がよいのかも知れないが、それをしないと人間が増長して浅薄になる。 苦労も人生の一つの必要である。」