読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な気持ち

ものすごいこの人を取られたくないと思ってしまった。私はこの人の話をまだ聞きたいから、連れて行かないで。夢ですごい美人な人が現れて二人でどこかに行ってしまった。私は短期パートを済ますと、今度は近所の銭湯のマッサージ屋さんに雇われることになった。。気分を変えよう。マッサージが好きなことには変わらないから、またやってみたらいいかな。。。すぐに採用されて研修センターで、またマッサージの勉強に励んでいた。懲りないけど、もっと上手くなりたくなったのだった。 そうしてその頃、私と一緒に住んでくれない?と大胆に発言して、家出少女みたいに、服を詰め込んだりして、両親を説得して彼の家に潜入するのでした。あの夢のせいかわからないけど、当時は一体何してなんだろうと本当に思う。