読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第三章 基本的概念 vol . 2

 数年前に [宮本武蔵] という映画を観た。その映画の中で武蔵がこの世のすべてを悟ったというような人に教えを乞うというシーンがあった。その返答であるが、あいまいな言葉を発し胸に手を当て感じるもの的な言い回しであった。これが、苦行を積んだ人間の考えて考え抜いた行きつく先であり、限界であると捉える。

 「世の中とは、ぼんやりとしていて曖昧なもの」この考えが典型的な迷いである。

 一体この国で何が起こっているのか? という現状の把握をする必要がある。

                つづく